2019年1月31日木曜日

第54話 誇りある場所

とある休日、私は山形の建築巡りをしていた。

この日一番感動した建物は、最も美しい日本の赤レンガ建造物と言われている『文翔館』だ。
文翔館




















文翔館は、七日町大通りを突き当りまで進んだ場所に、どっしり構えている。


中庭




















ここは、『るろうに剣心』のロケ地でも知られている。

時代を匂わせる赤レンガの存在感が何とも言えないほど美しい。





今回、私は文翔館の装飾を取り上げてみようと思う。
中央階段




















まずは階段だ。

階段の手すりの装飾は、アカンサスの葉をモチーフにしているそうだ。
天井




















天井の装飾も見どころだ。

この天井は、山形の職人さんが、すぐに固まってしまう漆喰に素早く装飾をしなければな

らない難しい技術で仕上げた、繊細な装飾で覆われている。















 床の装飾にも目を奪われた。

質感的には昔の学校の床と似ていたが、装飾は別格である。
















壁の装飾も美しかった。

部屋ごとに異なった装飾で、どれも西洋的だった。

花を入れたデザインが多く、より西洋を感じられた。




















最後に門の装飾だ。

鉄素材で、細かな装飾が細部まで施されていて、道行く人を魅了していた。

ハート形の装飾もあって、現代的な感じもした。




山形を歩いていると、惹き付けられる建物が沢山ある。

まだまだ発見していない建物があるだろう。

また良いものに出会える冒険に出てみよう。

(文・写真 芹澤菜月)





施設名所:山形県旧県庁及び県会議事堂(文翔館)
住所:山形県山形市旅篭町3丁目4-51
電話番号:023-635-500
営業時間:9:00~16:30 
休館日:第1・第3月曜日、年末年始

第53話 焼き芋一筋に込めた思い


あけましておめでとうございます。

年末年始はいかがお過ごしでしょうか。

雪も積もり、本格的な冬になり

これからますます寒い季節になっていきますね。


今回は冬にぴったりなお店にお邪魔してきました。

右の赤い建物が煉瓦屋さん






















七日町一番街の通りから、

煉瓦屋さんと栄屋本店さんの小路に入ると左手に見えます。


和風な外観です





















今回、お邪魔したお店は「焼き芋専門店 まるわ商店」さんです。



ショウケースいっぱいに並べられた種類豊富な焼き芋






















お店はテイクアウト専門で、お菓子屋さんのように

ショウケースのなかに焼き芋が並べてありました。

かなりたくさんのサツマイモが取り揃えてあり、

近いところだと新潟、遠いところだと九州から取り寄せているそうです。




生芋の販売





















右手には生のサツマイモも販売されていました。




店主さんオススメの芋ジェンヌ





















店主さんによると、一番のオススメはこの「芋ジェンヌ」。

新潟県産の蜜芋で、なかなか手に入らない希少な芋です。




焼き芋の説明わかりやすいです




















焼き芋にも種類があり、

昔ながらのホクホク系と

蜜が入っているねっとり系があるとのことです。





きれいな黄金色







私もひとついただきました。

割った瞬間から普通の焼き芋よりやわらかいです。

今まで食べたことのある焼き芋のなかで一番甘い!

確かに希少価値のあるサツマイモだと思います。




また、店主さんは、前職、青果関係のお仕事に勤めていたそうです。

そのため、サツマイモの種類が沢山あることは知っていました。

そして、焼き芋の甘さに感動し、

「焼き芋はスイーツだ!」をキャッチコピーとして

このお店を開いたようです。


店主さんのお話を聞いていると

自身の感動をみんなにも味わってほしい気持ちが

よく伝わってきました。


店主さんの熱意がつまった焼き芋を

ぜひ、みなさんも食べてみてはいかがでしょうか。





(文・写真 梅津咲希)



焼き芋専門店 まるわ商店

住所:990-0043 山形県山形市本町2丁目3−18
電話番号:080-3321-8916
営業時間:10:00-19:00 なくなり次第終了
定休日:毎週月曜日

2019年1月17日木曜日

第52話 ここから贈り物を

外に出ると息は白く、手はかじかむ季節になりました。


家に帰りこたるに入る瞬間、この上ない幸せを感じます。


東北の冬を乗り切るのはやはり厳しいものですね。









今回も以前行ってみて素敵だと思ったお店を紹介するべく

取材しに行ってきました。



大沼と山形グランドホテルの間にある路地に入るとそのお店はあります。





どこか懐かしさを感じさせる電光看板























その名も「栗の実洋品店」さん。




赤いレンガと屋根が目印
























「栗の実洋品店」は元々山形銀行本店のあたりで

「マロン」というお店として親しまれていました。



しかし、9年前に起きた火事が原因でお店をたたまざる負えなくなり、

現在の場所に移転してきたそうです。









店内に入ってみると、

白い壁にアンティーク調のライトの光が

反射して明るい印象です。




商品棚まで可愛らしい

























商品は店主さんのこだわりのセレクト。



自分の好みのもでもあるが

第一はお客さんが喜んでくれるもの、

必要としているものを取り揃えています。



また、逆アプローチでメーカーさんの方から

お店に置いてもらえないかというお誘いもあるそうです。



お客さんからもメーカーさんからも求められる素敵なお店。






食器は国産にこだわり、



美味しい時間を楽しめそう























衣服は山形にはないもの、

うちにしかないものを取り揃えているそうです。




他では買えない特別感

























アクセサリーも国産で、被らないデザインが魅力的。



量産型じゃないものへの興奮
























和装にも相性が良さそう




























ここは元々古い洋裁店でした。


全てオーダーメイドで、

店の二階で縫い子さんたちが

一着一着丁寧に作っていたとのこと。




形が珍しいフィッティングルーム
























そのためここのフィッチングルームは

当時と同じものと使用しています。







また、床は大工さんが工事してくれたが

それ以外は全て店主と旦那さんで行ったという内装の改装。





自作のタイル貼りカウンター

























商品の下のタイルも手作り





























店主さんは

ネットで買い物ができる時代だから、

ここにしかないものを置いている。

ここじゃないと買えないものを揃えている。

とおっしゃっていました。







皆さんも是非

ここにしかないものを見つけに行ってみませんか?







(文・写真 長谷川ののか)



栗の実洋品店

住所:山形市七日町1−2−56
電話番号:023-641-5884
営業時間:月〜木・日 10:00〜17:30  金・土 11:00〜18:00



2018年12月12日水曜日

第51話 暖かさを求めて



山形にもやっと雪が降り、本格的に冬の季節になりましたね。

マフラーと手袋が手放せなくなりそうです。

この日、私は七日町をぶらぶらと歩いていました。

シネマ通り周辺を歩いていると、ふと1本の袋小路を見つけました。

先が気になり進んで行くと……


何やら可愛らしい看板を発見。






ガラス窓から店内が伺える























なんと、そこには雑貨屋さんがあったのです。

その名も「WEEKENDERS」さん。

これは入るしかない!と思い店内へ。





優しい雰囲気が漂う

























店内は素朴で落ち着いており、

寒い外とは打って変わって「暖かい」印象でした。

並べられているのは陶器の食器や洋服、カバンに家具など様々。

また、この季節ならではの品揃えも。




気分はクリスマス























そういえばクリスマスだったなあ、と思いながら

この写真を撮っていた時。


『サンタさん、撮ってるんですか?』


奥から店主さんが声をかけてくださいました。

そうなんですよ、とお話をしていると……


それ、70歳のおじいちゃんが作ってるんですよ。』


これにはびっくり。しかも、お店の近くに住んでいるのだとか。



『お洋服も自転車で来るような主婦の方が作っていたり、

 天童の方が作られているハンガーフックはとても人気なんです。』



置かれている商品は、地元の方のハンドメイドのものばかり。

店主さんお一人でお店をやっているのですが、

お店自体はもう15年も経つそうです。

だからこそ、暖かみを感じたのかも知れませんね。



ゆったりとしながら店内を回っていると、

あるものが目に止まりました。





選ぶ楽しさ























それは、益子焼(ましこやき)です。

表面の模様や白の色の差など……

表情が一つ一つ違い、見ているだけで楽しいです。


中でもお気に入りはマグカップ。

元々自分用のマグカップを探していたのもあり、

こんなに良いものがあるならこれを機に買おう!と

真剣に選んでしまいました

1つ1620円と手が届く価格なのも良いですね。




表面の模様がポイント





















やっと選んだお気に入りの1つを買い、お店を出ることに。

帰り道に、これで何を飲もうともう考えていました。

「WEEKENDERS」さん、また冬のうちに行こうと思いながら

なんだかほくほくとした気持ちに。

皆さんも冬の楽しみを増やしませんか?




(文・写真 小野葉月)

WEEKENDERS

住所:山形市七日町2-5-9
電話番号:023-622-9783
営業時間:11:00-18:30
定休日:水曜日

2018年12月6日木曜日

第50話 趣味が集まる場所

~お店との出会い~

手が赤くなる程寒くなってきた今日この頃。

文翔館前で友人と待ち合わせをしていた。

少し早く来てしまったので、足を休める場所を探していたところ、洒落たカフェが目に入った。
店内インテリア
















店内は広々とした開放的な空間で、テーブル同士の間隔が程よく空いていた。

壁は、映画のポスターやパンフレット、ギターやCD、漫画やテーブルゲームなどで飾られていた。
映画のパンフレット

映画のポスターとギター

カウンター













これらは全て店主さんの趣味である。


特に凄かったのは、店主さんが学生時代に集めていた映画のパンフレットだ

90年代の貴重なものもあった。

お店の奥にあった原付バイクも存在感があった。
ニュー・シネマ・パラダイス


店主さんのバイク

















~朝ごはん~

映画のパンフレットがとても気になってはいたが、朝ご飯を食べていなかったので、とりあえず何か食べたかった。

そこで私が選んだのが『塩キャラメルとバナナのパン・ペリュデュ』だ。
塩キャラメルとバナナのパン・ペリュデュ
¥800

















フレンチトーストに生クリームとキャラメルソース、バナナがトッピングされていた。

自家製パンなだけあって、今まで食べたことがないもちもち食感。

強めの塩加減と生クリームとキャラメルの甘さが絶妙にマッチしていてとても美味しかった。

ボリュームがあり、食べ応えも満点だった。





~インタビュー~

ここで、このお店をブログに載せたいと思い、店主さんにインタビューすることにした。

インタビューをお願いすると、快く承諾してくださった。




「このお店はいつから始めましたか。」

ー今年の8月10日です。


 この建物は50年くらいのもので古くて汚かったから改装が大変でした。

 芸工大の子が有志で手伝ってくれて助りました。





「ちなみに奥さんは外国の方ですよね。どちらの出身ですか。」

ールーマニアです。

 僕、海外で働いていて、その時に出会ったんです。





「海外でのお仕事を辞めてこのカフェの経営を始めたんですか。」

ー僕は40になったら仕事を辞めてカフェをやろうと思っていたんです。


 カフェを始める時、僕に残っている私産といったら映画や音楽だったんです。

 それで映画や音楽をテーマにしたカフェを始めました。





「このカフェを経営するにあたってこだわりはありますか。」

ー自家製パンを作っていることですね。

 先ほど食べていただいたのも自家製です。

 あとは、お肉はお店から直接入荷しています。

 基本地元のものを使っています。

 お客様のご要望があれば地元のもの以外のものも使用します。





「お勧めの1品を教えていただけますか。」

ー自家製パンを使っている『パン・ペルデュ』ですね。

 フランス語でフレンチトーストという意味なんです。





~店内巡り~

この後、店主さんに許可をもらい店内を見させていただいた。

まずは、入り口のショーウィンドーの雑貨を見た。
入り口のショーウィンドー














これらは、奥さんが手編みで作ったもの。

サメのルームソックスや動物のポーチ、しおりなど可愛らしい編み物が沢山あった。

作って欲しいものの写真があれば、手編みで作ってくれる。
サメのルームソックス

ポニーのしおり














また、芸工大生が作ったイヤリングや置物もあった。クリスマスらしくて可愛かった。
イヤリング

置物












次に壁の棚に並べられた映画のパンフレットを見た。

90年代前後の『ニュー・シネマ・パラダイス』、『ジュラシック・パーク』から2000年代の『パイレーツ・オブ・カリビアン』、『アメリ』など、昔の貴重なものから最近のものまで沢山揃っていた。

『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』を夢中で見ていたら、店主さんが、

「リクエストがあれば好きなCDを流ながすよ。」

と声をかけてくださり、『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』のCDをリクエストした。





















他にも沢山CDがあったので、是非聞いてみたい。
CDの棚



















~ランチ~

パンフレットを見ていたらかれこれ3時間が経過していた。

お昼時だったので、ロースビーフ丼を注文した。

ローストビーフ丼
¥900




















おしゃれな盛り付けで、赤身が詰まったお肉とガーリックベースのソースがとても美味しかった。

まだまだ美味しそうなメニューが沢山あったので、また注文したい。





~まとめ~
Cafe BOXでは映画の上映会や楽器の演奏会などができる。

近々古着がお店に並ぶようだ。

アーティストさんの展覧会もやるらしい。

是非足を運んでみて欲しい。

今日は、思わぬ出会いがあって充実した時間を過ごせた。

たまにふらりと街を歩くのも悪くない。






(文・写真 芹澤菜月)



Cafe BOX
住所:山形市七日町3丁目5番18号 工藤ビル1階
電話番号:023-676-5858
営業時間:12:00~23:00





2018年11月29日木曜日

第49話 時代を超えて、再び


もうすぐ12月、今年もあと1ヵ月です。

山形市もついに朝は霜が降りていました。

徐々に冬へと近づいていますね。

みなさま体調にはお気を付けください。


さて、七日町を歩き回っていると、

白塗りのかわいい外観のお店を発見しました。


七日町一番街をずっと真っすぐ進むと左手に見えます。

『Cafe&Dining 茶房(さぼう)』というお店です。

白い外観に目を惹きます
















今回はそこへお邪魔させていただきました。


中へ入ると、洋風でおしゃれな空間が広がっていました。

インテリアが可愛らしく明るく心地いい

















女性一人でも入りやすい、

落ち着いた雰囲気がしました。

左手には、靴を脱いで座れる、

まるで家のリビングのような場所もあります。


店員さんは奥様と娘さんのお二人で

とても親切で丁寧に接していただきました。

オーナーのご主人は私が訪れた日には不在でしたが

3人で切り盛りしているようです。


今回、特別に取材の許可をいただいたので

とてもありがたく思っております。


メニューには、おしるこやスムージーなど

他にはない、めずらしいメニューもたくさんあり、目移りしそうです。

お腹を空かせていた私はランチセットのオムライスを注文。

デザート、飲み物もセットであります

















卵がトロトロでとっても美味しい!

手作りの味が身体に沁みます…



お話を聞くと、このお店は今年の5月にオープンしたばかり。

このお店の場所には、ついこの前までは違うお店が構えていました。

しかし、ずっと昔、戦後のときは、ご主人のお母様が

この場所で初代の「茶房」としてお店を開いていたようです。


そのため、「58年ぶりに同じ場所で「茶房」としてカフェを開けた」

と、お聞きしました。


昔よくいらっしゃったお客さんも再び訪れるようになり

「懐かしい、懐かしい」とおっしゃってくれるそうです。


また、メニュー表の裏に、ご主人のご挨拶の文で

こんなことが書かれていました。


「地域コミュニティを大切にしたい」


七日町、地域のひとのためのお店。

きっとお母様もご主人も

七日町を大切に思っていたのだと感じました。


そして、お店の傍らにはいろいろな人たちが作られた

ハンドメイド作品や手作りクッキーを販売されています。

ぜんぶ手作り


















みなさまもぜひ、足を運んでみてください。

(文・写真 梅津咲希)


Cafe&Dining 茶房
住所 山形市七日町2-3-25
電話番号 070-2020-4576
営業時間 10:30-17:00
定休日 毎週土曜、第2・4水曜日